リクルートエージェントの評判 スカウト

リクルートエージェント[スカウト]も利用して転職を成功させよう!

▼リクナビネクストのスカウトとは
リクルートエージェントの「リクナビネクスト」には、スカウト制度があります。スカウトに登録する事で、リクルートエージェント以外の転職エージェントからもオファーがくる可能性があり、転職の幅が大きく広がります。

1:職務経歴や自己PRを匿名で登録する
2:あなたに興味をもった企業や、リクナビが提携している他のエージェントから直接オファーが届く

そこで、もしオファーに満足するものがあれば、企業への転職が叶います。

▼[スカウトの種類]3種類のオファーによる企業側からの転職提案

(1)プライベートオファー
レジュメを見た企業や転職エージェントから、個別に面接したいとの連絡がきます。企業側からの強い希望での求人ですね。企業からのオファーの場合は、書類選考が免除されるメリットがあります。

(2)興味通知オファー
企業の方から「より詳しく知りたい」といった連絡がきます。あなたもその企業に興味があれば、企業側の知りたい情報などを教えます。さらに求人側が「なるほど、ぜひこの人が欲しい」と思えば、面談などが設定されます。

(3)オープンオファー
登録した情報と企業側の求人とマッチした場合には、求人説明会などに参加しないか、といった誘いがかかります。案内された求人に応募すると、改めて書類選考が行われます。

▼リクルート「リクナビ・スカウト」に登録するメリット3つ

■1■企業側からのオファーで転職範囲が広がる
転職サイトやエージェントに登録して、条件に合った求人を見つけるだけでなく、自分の情報を公開する事で、企業側が「こういう人が欲しい」とアクションを起こしてくれるので、転職の範囲が広がります。企業だけでなく、提携している他のエージェントからのオファーもあるので、リクルート以外からの求人がくる事もあり、転職の可能性が広がります。

■2■サイトに掲載されていない非公開求人のオファーがくる
求人側、企業側が特に求人サイトに掲載していない、非公開求人も多いので、条件の良い転職が出来ます。急な案件から人材が必要になった場合、即戦力としてすぐに人材確保ができるスカウトを利用する事もあります。いずれにしても、普通に転職活動していても出会う事のない、好条件の求人が舞い込む可能性があります。

■3■転職市場での「自分のレベル」が把握できる
自分の職歴やスキル、キャリアを匿名で登録します。それを見た企業が「この人材がぜひ欲しい」となってスカウトする制度ですから、自分にどれだけのオファーがくるかを見る事によって、「転職市場での自分のレベル」が把握できます。

毎月、スカウトレポートで確認できるようになっているので、これを見ながら「経験値を上げないと、希望する条件の企業への転職は難しい」「スキルアップさえすれば、かなり年収アップがのぞめる」といった、有利に転職をするために「自分に何が必要か」がよくわかるのが大きなメリットです。

【リクルート[スカウト]有効活用のまとめ】
・レジュメを登録し、好条件のオファーを待つ
・今すぐ転職を考えていなくても、登録する事で良い条件や希望にマッチする企業が出て来る可能性があり、チャンスが広がる
・転職市場での自分のレベルを把握し、より良い条件での転職には何が必要かがわかる

基本的にリクルートエージェントに登録していれば、条件にマッチした転職が出来る可能性は高くなります。なおかつ、リクナビネクストでスカウト登録をすれば、様々な企業からのオファーが来るかもしれない、という選択肢とチャンスがグッと広がります。

レジュメを登録するだけで、匿名で出来るますから、転職を視野に入れている人なら、とりあえず登録してみるのをお勧めします。そこで、どれぐらいのオファーがくるのか、確認してみるのもいいでしょう。